“四角尻”を卒業しよう!魅力的な丸いヒップをつくる極意

“四角尻”を卒業しよう!魅力的な丸いヒップをつくる極意

お尻が横に広がって見える「四角尻」。がんばってダイエットして体重を減らしても、横に大きいお尻はそのまま。「どうして……?」とコンプレックスに感じる女性は少なくありません。この「四角尻」、実は脂肪が原因ではないのです。

今回は、「四角尻」を卒業し、「魅力的な丸いヒップ」をつくる極意をご紹介します。

「四角尻」の原因は、女の子座りや膝が内向きになる姿勢にある

「四角尻」の女性に多い特徴。それは「内股」であること。内股とは、膝が内向きになっている状態のことを言います。膝が内に向いていると、太ももの骨が横に出っ張りやすくなり、そのため、お尻が横に広がって見えるのです。

そして、太ももの骨が横に出たままの状態が続くと、股関節の動きが小さくなり、お尻に丸みをつける筋肉が次第に弱くなります。いわゆる、女の子座りや膝が内向きになる姿勢がクセになっていることが「四角尻」の大きな原因のひとつなのです。

“四角尻”を卒業するためのストレッチ&エクササイズ

「四角尻」タイプの女性は、股関節が硬い傾向にあります。ストレッチやエクササイズを行って、股関節を柔らかくし、お尻に丸みをつける筋肉を鍛えましょう。

【手順】

1. 股関節を広げて曲げる

股関節の動きを良くするために、内ももをストレッチしましょう。両脚を大きく横に広げ、四股を踏むイメージで腰を落とします。その際、手のひらで左右それぞれの内ももを押し広げます。

しっかりと膝を外に広げながら深く腰を落としてください。内ももが伸びる感触があればOK!余裕があれば左右交互に肩を入れるようにして、片手ずつ、さらに内ももを押し広げていきましょう。

2. さらに深く股関節を曲げる

1のストレッチに慣れてきたら、次のレベルにチャレンジ!片膝を曲げ、もう一方の膝を伸ばし、さらに腰を深く落とします。

このときのポイントは「膝の向き」。内股にならないよう、膝を外に向けましょう。曲げた膝は身体の外側に、伸ばした膝は天井に向けます。この体勢から、ゆっくり身体を反対側にスライドしましょう。

脚が入れ替わりますので、再度、膝の向きの確認を。これを5往復、繰り返します。より内ももが伸び、股関節の動きが軽やかになります。

3. お尻に丸みをつける筋肉を鍛える

まず、うつぶせで寝転びます。恥骨(内ももの付け根にある骨盤)が床に当たって痛いことがあるため、折りたたんだバスタオルを敷いてください。両膝を曲げ、かかと同士を合わせて、つま先を外に向けます。このとき、膝と膝のすき間は握りこぶしひとつ分ほど。両肩をリラックスさせたら、恥骨をタオルにしっかりと押し付けます。

次に、力を入れて、引っ張られても離れないくらい、かかと同士を押し付けます。これで内ももとお尻に力が入ります。その力をキープしたまま、足裏で天井を押し上げるように太ももを床から離しましょう。お尻がプリッと丸く盛り上がります。

この状態をキープしたまま、両膝をそれぞれ外へ開いたり閉じたりしてみましょう。ゆっくりと10回。最初はキツいかもしれませんが、徐々に効果を実感するはず。腰が反りすぎて痛みが出る場合は、決して無理をせず、恥骨をタオルから離さないようにして太ももを持ち上げてみましょう。

魅力的な丸いヒップをつくるには股関節をしっかり動かす

魅力的な丸いヒップをつくる極意は、股関節をしっかり動かすこと。膝が内股になったままの姿勢を続けると、股関節が硬くなり、太ももの骨が横に突き出て、お尻はどんどん横に大きくなってしまいます。

普段の生活の中でも、内股になっていないかを確認しつつ、今回ご紹介したストレッチとエクササイズを取り入れて「四角尻」を卒業しましょう!

※痛みを感じた場合はすぐに中止し、くれぐれも怪我等をしないようにご注意ください。

金井みちよ

健康美脚トレーナー

美脚専門トレーニングスタジオ ミミスタイル 代表
運動指導歴17年。「健康は美しい、美しい脚は強い脚」をテーマに、美脚レッスンやセミナー・講演など、大阪を中心に日本各地および海外でも行う。「バランス良く筋肉がついたくびれのある脚作りは、脚だけでなく全身のくびれ作りにつながる」をモットーに、ただ細いだけでない健康的なメリハリボディをより多くの女性に伝えるため活動中。■HP:http://mimi-style.com/