バストアップにつながる?!“腸能力”を高める食べ物

バストアップにつながる?!“腸能力”を高める食べ物

女性らしい丸みのヒップにキュとしたくびれ、大きなバスト。美しいスタイルには、女性なら誰でも憧れることでしょう。

このようなスタイルを目指すには、運動が効果的。しかし、運動自体を苦手とする女性も少なくありません。実は、バストアップは食事によって実現できるかもしれないのです。

女性ホルモンを乳腺(乳房)まで届ける「腸能力」がバストアップの鍵

バストアップにつながる?!“腸能力”を高める食べ物

というのも、あるホルモンを活性化させると、バストアップに効果があるといわれています。そのホルモンとは「女性ホルモン」です。女性ホルモンは、エストロゲンというホルモンのこと。つまり、このエストロゲンがバストアップの秘訣なのです。エストロゲンは、骨、皮膚、筋肉、脳、関節などはもちろん、子宮や乳房などを発達させる役割を担っています。特に思春期からエストロゲンの分泌量が増え、それにより女性らしい身体つきが作られていくのです。

このエストロゲンを有効に働かせるためには、2つの方法があります。ひとつは「エストロゲンを増やす食べ物を食べること」。もうひとつは「血液の流れを良くし、卵巣から分泌されるエストロゲンを乳腺(乳房)まで届けること」です。

特に2つ目は重要。なぜなら、エストロゲンをしっかり分泌できていても、乳腺(乳房)届かなかったら効果は期待できません。血液の流れが悪くなる原因としては、冷えなどが考えられます。それを解決するのが「腸能力(腸の働き)」です。

腸を「温め」「守り」「動かす」食材で、バストへの栄養供給をスムーズに

バストアップにつながる?!“腸能力”を高める食べ物

「腸能力」とは、口から食事をとり、胃腸で消化吸収し、血液によって栄養を身体の細胞に届ける力のこと。それを高めるには、以下の3つの方法が有効です。

1.腸を守る
胃腸の消化吸収を良くするためには、唾液を出すことが必要です。そのためには、一口30回かみ、1食20分かけてゆっくり食べると唾液が分布付され、消化吸収に役立ちます。また、バストアップに必要なビタミンKやビタミンB群を腸内で生成することにもつながります。

特に、ビタミンB6は、卵巣で作られたエストロゲンをより効果的に動かします。魚(特にマグロの赤身)、バナナ、ニンニクなどに多く含まれています。

2.腸を温める
腸の働きが最も活発化する温度は39℃。温めてあげることが大切です。さらに体温を上げることにより、全身の血液の巡りが良くなり、バストへの栄養供給がスムーズになります。

体温を上げる食べ物は、味噌汁、スープ、白湯など温かい飲み物や、生姜、からし、七味、わさびなどです。

3.腸を動かす
老廃物が溜まると、他の栄養の吸収を邪魔したり、血液の流れを悪くしたりします。腸を動かし、便などの排泄物を出しましょう。その結果、女性ホルモンを乳腺(乳房)に届ける働きが強化されます。

腸を動かすには、食物繊維が多いものや発酵食品を食べることです。特に、大豆イソフラボンを含む大豆製品(納豆、豆腐、おから、味噌、厚揚げ、きなこ、味噌、豆乳)が良いでしょう。この大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをする栄養素で、バストアップにも期待ができます。

「腸能力」に目を向け、内からキレイに

バストアップを実現するには、毎日の努力の積み重ねが必要不可欠です。それでも、なかなか結果が出ず、空回りしてしまうこともあるかもしれません。そんなときは、自分の身体の内側に目を向けてみてください。

食事によって自分の「腸能力」をアップすれば、女性ホルモンの働きが良くなり、バストアップが期待できます。ぜひ、自分の内側からキレイを作っていきましょう!

バストアップにつながる?!“腸能力”を高める食べ物

酒井絵理奈

管理栄養士

大阪府生まれ。大学卒業後、ワタミの介護で管理栄養士として勤務し、入社3年目で有料老人ホーム施設の立ち上げの際に食事管理システムの構築を経験。社内の全スタッフの中から「“ありがとう”を伝えたい人1位」に選ばれる。結婚後、企業での栄養指導を100件以上行い、「がまんしない食事であなたのいきいき、ながいきをかなえる管理栄養士」として活動中。