愛されボディに。魅力的なくびれを作るヨガエクササイズ

愛されボディに。魅力的なくびれを作るヨガエクササイズ

愛されボディのポイントは、美しい“くびれ”があること。キュッと引き締まったウエストは、私たち女性にとっての自信となり、より輝いた生活を送るきっかけとなってくれることでしょう。

「最近お腹が出てきて、くびれが無くなっちゃった……」。今回は、そんなお悩みを解消するヨガエクササイズをご紹介します。

くびれを作るには、ポイントを絞った筋力アップと腸内環境の整備が不可欠

愛されボディに。魅力的なくびれを作るヨガエクササイズ

まず、くびれは、どのようにすれば作ることができるのでしょうか?よく「腹筋を鍛える」と言われますが、腹筋とはいくつかの筋肉の集まりのこと。ちなみに、正しくは「腹筋群」と言います。この腹筋群の中の「内腹斜筋」と「腹横筋」を重点的に鍛えなければなりません。

また、30代・40代になると“ぽっこりお腹”になってしまう人が多いですが、その原因は、代謝が低下し、腸内の働きが衰えているからです。腸内の働きが弱くなると、便秘を引き起こし、お腹は常に張った状態に。そうすると、自然とくびれを作りにくくなっていきます。

よって、くびれを作るためには、ポイントを絞ったお腹の筋力アップと腸内環境を整えることが必要不可欠なのです。

トレーニング前には腹式呼吸を。くびれを作る5つのヨガのポーズ

では、ここからは、くびれを作るためのヨガの動きを加えたトレーニングをご紹介しましょう。なお、トレーニングの前には腹式呼吸を行ってみてください。腹式呼吸でお腹を膨らませたり凹ませたりして腹膜にまで刺激を与え、伸びきったお腹の筋肉を動かしておけば、腹筋群と腸の働きの両方にトレーニング効果が出やすくなります。

1.赤ちゃんのポーズ(パヴァナーム・ムクタ・アーサナ)

愛されボディに。魅力的なくびれを作るヨガエクササイズ

身体を緩めることから始めましょう。無理に腕を引き寄せないように。(期待できる効果:横行結腸マッサージ、便秘解消、慢性腰痛の改善)

2.四つの手のポーズ(チャタランガダンダーサナ)

愛されボディに。魅力的なくびれを作るヨガエクササイズ

少し強度の強い体幹を意識したポーズを行います。キープがつらいときは膝をつきましょう。(期待できる効果:体幹強化)

3.座位のねじりのポーズ(アルダマツィエンドラーサナ)

愛されボディに。魅力的なくびれを作るヨガエクササイズ

腹部を意識し、ひねりを加えることで腹斜筋を使います。 臀筋(でんきん)が硬い人は骨盤が立たないため、ブランケットを坐骨下に敷いてください。(期待できる効果:消化促進、内臓活性、便秘解消、腰痛改善)

4.椅子のねじりのポーズ(パリブリッタ・ウトゥカターサナ)

愛されボディに。魅力的なくびれを作るヨガエクササイズ

立位の状態で行うことで、より強度が増します。ねじりによる腹斜筋強化に加え、腹直筋や大腿四頭筋にも負荷がかかります。(期待できる効果:下半身強化、腹部強化、内臓活性)

5.ねじった脇を伸ばすポーズ(パリヴルッタ・パールシュバコナーサナ)

愛されボディに。魅力的なくびれを作るヨガエクササイズ

腹部ウエストツイストによるデトックス効果に加え、最終型でのポーズのキープはバランス力、集中力も磨かれます。胸の前で合掌がきつい場合などは、片手や膝を床につけましょう。(期待できる効果:脚力強化、便秘解消、腹部引き締め)

1日10分ほどの継続が、結果に現れる!

これらのヨガを取り入れたエクササイズは、1日10分ほどで構いません。毎朝もしくは入浴後に行ってみてください。毎日の継続が、結果として現れます。

なお、早い効果を期待して無理に行うと、身体を痛めてしまうため、要注意です。特に息を吐くときを意識しながら、呼吸に合わせてポーズを深めていきましょう。

※痛みを感じた場合はすぐに中止し、くれぐれも怪我等をしないようにご注意ください。

加圧ヨガインストラクター 飯田くにこ

飯田くにこ

加圧ヨガインストラクター

kunistyle株式会社 代表
大学では運動生理学・解剖生理学・生化学・病理学などの栄養学全般を学び、栄養士資格を取得。オーストラリアにヨガ留学後、スタジオを立ち上げトータルビューティの観点から「加圧×ヨガ」を創作。ミス・ユニバースの公式トレーナーを担当し多数メディアに取り上げられ、数多くの女性から支持を受けている。現在はニューヨークSURYASIDE YOGAとの正式契約を受け日本と海外の行き来をし、世界的に加圧ヨガの普及に努める。著書に『まいにちおうちヨガ』(飯田くにこ監修、セブン&アイ出版より全国のセブン-イレブンで発売)がある。■HP:http://kunistyle.com/